分野別事業の紹介

◆分野別事業

 当センターでは、土砂災害防止のための計画や対策、災害発生のメカニズムや自然環境への影響など、種々の調査研究を委託業務として行っております。ここでは業務の分類ごとに、調査検討の内容とそのポイント、その中で当センターならではの独自性や技術的優位性を紹介しております。

1.土砂災害に対する基本計画、マスタープランの検討
(1)水系砂防計画
(2)総合土砂管理計画
(3)火山砂防計画調査
  ① 噴火対応火山砂防基本計画(ハード対策)の検討
  ② 火山砂防基礎情報システム検討

2.対策や事業の定量的な効果評価、外部への説明資料作成
(1)砂防事業評価調査
(2)地すべり対策効果評価
  ① 数値シミュレーション解析を駆使した対策効果評価
  ② 地すべりによる被害想定
(3)直轄地すべり防止工事完了判定

3.土砂移動現象に対する具体的な対策の検討
(1)土石流・流木対策
(2)地すべり地震対策検討調査
(3)地すべり・がけ崩れ対策検討調査
(4)火山噴火緊急減災対策調査
  ① 火山噴火緊急減災対策砂防計画検討
  ② 火山噴火対策ロールプレイ演習検討
  ③ 火山噴火シナリオ検討

4.災害発生の予測、住民への周知や防災教育、避難計画の検討
(1)土砂災害(土石流)警戒避難基準雨量
(2)火山噴火警戒避難対策調査
  ① 火山災害監視システム計画の策定
  ② 降灰後の土石流警戒避難基準雨量検討
  ③ 火山噴火に対する防災対応策の検討
(3)火山ハザードマップ調査(火山ハザードマップと防災マップ)
  ① 火山防災マップ検討
  ② 火山防災啓発手法検討

5.災害発生メカニズム、自然環境への影響調査、新工法
(1)地すべり・がけ崩れ機構解析調査
(2)自然環境調査手法検討調査
(3)砂防ソイルセメント調査検討

6.その他、国内外のマニュアル、ガイドライン、技術指導など
(1)各種技術基準・ガイドラインの作成
(2)国際技術協力の推進

PAGE TOP