STCの取り組み

災害緊急調査

砂防学会「平成30年9月北海道胆振東部地震土砂災害緊急調査団」参加報告

※こちらは、機関誌『SABO』Vol.125の内容を載せております。

◆砂防学会「平成30年9月北海道胆振東部地震土砂災害緊急調査団」参加報告

1.はじめに
 平成30年9月6日午前3時7分に胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度)を震源とするマグニチュード6.7(暫定値)、震源の深さ37km(暫定値)、最大震度7となる地震が発生した。この地震により、北海道において死者42人、重傷31人、軽傷731人、住家全壊462棟、住家半壊1,500棟、住家一部破損12,600棟もの甚大な被害が発生した1)(内閣府、平成31年1月28日時点)。特にこの地震においては土砂災害が多数発生し、土石流等94件、がけ崩れ133件が報告されており、36名の方の命が土砂災害によって奪われた2)(国土交通省、平成31年1月28日時点)。
 (公社)砂防学会は、この災害の甚大性、広域性に鑑み、総力を挙げて各地域での災害調査を行い、二次災害防止や応急対策に関する提言、災害のメカニズムに関する基礎データの収集、今後の土砂災害軽減に対する提言などを行うため「土砂災害緊急調査委員会」を設置して、「平成30年北海道胆振東部地震土砂災害緊急調査団」の第一次調査が、9月13日から14日にかけて実施され、また10月19日から21日にかけて第二次調査が実施された。当センターからは第一次調査に斜面保全部の武士部長と総合防災部の田中技師が、第二次調査に大野専務理事(※所属当時)が参加した。
 なお、調査団の調査結果は平成30年9月28日に札幌市(北海道大学)及び同年10月25日に東京都(砂防会館)での(公社)砂防学会主催の報告会で報告されるとともに、砂防学会誌3)に掲載されているので、土砂移動等の詳細な実態や考察はそちらを参考にされたい。本稿では第一次調査団及び第二次調査団の活動のうち、当センター職員が参加した主な現地調査の状況について報告する。

2.班編制と調査概要
2.1 班編成
 第一次調査団は北海道大学小山内特任教授((公社)砂防学会北海道支部長)を団長として総勢20名の参加のもと、A班からD班までの4班に分かれて「斜面崩壊」(A班、B班)、「谷地形からの土砂移動」(C班)、「崩壊が集中する流域」(D班)など、それぞれ違った現象を対象として現地調査を実施した。当センターから参加した武士部長と田中技師はB班(斜面崩壊2班)に所属し、勇払郡厚真町の斜面崩壊のうち、多くの死者を出した吉野地区と、浄水場施設等が被災した富里地区の調査を実施した。また第二次調査団は北海道大学小山内特任教授を団長とし、広島大学海堀教授((公社)砂防学会長)ら総勢9名の参加により厚真町の土砂災害集中地域を中心に調査が実施した(図-1)。

(図-1)調査位置図(Google Mapより)

2.2 調査概要
2.2.1 吉野地区(第1次調査団)
 厚真町吉野地区では、斜面が幅約1.5kmにわたり連続して崩壊が発生した(写真-1)。そのうちの一部は土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律により土砂災害警戒区域(急傾斜)及び同特別警戒区域に指定されている。この崩壊によって斜面直下の家屋が被災し多くの方が亡くなった。また住宅地を併走する道道235号も被災した。
 崩壊した斜面は谷型と平滑型の2タイプに大別される(写真-2)。両タイプの斜面に共通する特徴としては、斜面の傾斜は平均的に30度程度であり崩壊の頭部は遷急線の直下にあった。崩壊したのは基盤の新第三紀の堆積岩の上に堆積した約2万年前以降の降下火砕物及びその二次堆積物、クロボクなどの有機質土が互層した未固結の堆積物である。分離した層準は、約9000年前の樽前d降下火砕堆積物(Ta-d)の下部が多く、一部で恵庭a降下軽石堆積物(En-a)の下部もあった(写真-3)。

(写真-2)吉野地区正面

(写真-3)吉野地区テフラ状況(上記3枚)

 谷型斜面からの崩壊の特徴としては、頭部の比高は平滑斜面よりも高く、また崩壊深は深いところが多かった。崩壊堆積物は平滑型よりも遠くまで及んでいるところが多く、最大で100m以上に達したところもあった。それに対して平滑型では頭部の比高は一様で谷型よりも低く、崩壊深が浅いことが多かった。
 崩壊堆積物の特徴として、到達距離の短い領域では、土砂と一緒に滑り落ちた倒木の幹が一様に斜面上部を向いているのに対して、遠くまで到達した領域では不規則な形で堆積しているように見えた(写真-4)。また、崩壊土砂は比較的、テフラの堆積構造を残しており、ところどころ褶曲構造も認められた(写真-5)。

(写真-4)吉野地区の堆積状況

(写真-5)崩壊堆積物を縦断する方向の切土のり面(褶曲構造)

 さらに、崩壊土砂の分布域の前方では、先端の水田が最大3m程度隆起したり、農道の横ずれや水路の隆起及び破壊などの現象が見られた(写真-6)。これらの現象は地すべり末端部の隆起とは考えにくく、崩壊堆積物と表層土層との間の摩擦力による横ずれの結果生じたものと考えられる(図-2)。

(写真-6)水田の隆起

(図-2)吉野地区模式図

 また、二次災害の危険性の評価も今回の調査の重要な視点であるため、崩壊地の背後斜面も含めて状況確認を行った。崩壊地内では小規模な落ち残りを除いては、不安定な崩壊土砂はほとんど確認されなかった。また崩壊の頭部から上方5m程度までの範囲では、小規模なクラックが生じているところが数カ所で確認できたが、これらから規模の大きな崩壊が発生する可能性は低いと考えられる(写真-7)。ただし今回はごく限られた時間での調査であり、全ての範囲を確認した訳ではないため、今後とも斜面の状況等に留意していく必要があろう。

(写真-7)吉野地区の背後斜面の亀裂確認等状況

2.2.2 富里地区(第1次調査団)
 富里地区は、吉野地区の東に約2.5kmのところに位置し、約700mにわたり斜面崩壊が発生した(写真-8)。この崩壊により浄水場や道道235号が被災し、また崩壊土砂の一部は厚真川の河道内に達した。
 崩壊した斜面の特徴として、頭部や側部の小崖の高さは1m程度で、吉野地区よりもやや浅い状況であった。崩壊源の下方斜面は平坦面がほとんどなく、傾斜5 〜10度程度の緩斜面が厚真川の堤防付近まで続いていた(写真-9)。

(写真-9)富里地区状況

 斜面上に堆積している火山灰等は吉野地区と概ね同じであり、今回の地震により分離した層準はTa-dの下部から基盤との境界付近と考えられる。また崩壊地の下の緩斜面には幅30cm、深さ約1.2m、長さ20m以上にわたりクラックが発生していた(写真-10)。クラック内の底部には水が溜まっており、クラックより下方の斜面からは湧水が認められた。
 崩壊堆積物の末端では、地盤が高さ3m程度で隆起していた。その隆起している一帯の上にも崩壊土砂や倒木が堆積しており、この点は吉野地区の堆積末端部の隆起している部分とは異なっている(写真-11)。また厚真川の堤防のコンクリートブロックなどには変状が発生し、河岸が川側に押し出されて膨らんでいた(写真-12)。今後、より詳細な調査が望まれる。

(写真-10)崩壊地の下の緩斜面上のクラック

(写真-11)崩壊土砂堆積右側末端部の隆起帯

(写真-12)厚真川右岸の堤防の状況

2.2.3 日高幌内川(第2次調査団)
 今回の地震では表層崩壊が多く発生しているが、厚真川左支川日高幌内川中流部で発生した土砂移動は大規模地すべり現象であった。長さ約850m、幅約400mの尾根地形部分が350m程度も滑動し、対岸斜面に衝突して停止している。その移動した土塊が河道を閉塞し、いわゆる天然ダムを形成している状態である(写真-13)。滑落頭部付近には屏風状に岩塊が数カ所に分離して残っており、やや不安定な状況にある。また移動土塊は泥岩・シルト岩等から構成されており、比較的乱れが少ない。この移動土塊は比高差が80m程度で、河川を閉塞する部分は河床との比高差約50m程度となっている。移動体の大部分は基岩がはっきり残っているが、河道閉塞部は20〜50cm 程度の岩塊が堆積している。これは衝突の衝撃により、破砕された結果であると思われる。
 河道閉塞箇所の上流側では10月1日から11月22日までに約13.1mの湛水面上昇が見られた(国土交通省調べ)。既に閉塞土塊下流側に複数箇所の湧水が見られている。 現在、国土交通省で鋭意対策工事が実施されているが、湛水位の急激な上昇や閉塞土塊の浸食・土塊中のパイピングなどに注意をする必要がある。

(写真-13)日高幌内川の大規模地すべり(黄色円内)による河道閉塞

2.3 報告会
 平成30年9月28日に札幌市(北海道大学)、同年10月25日には東京都(砂防会館)において、(公社)砂防学会主催の報告会が開催された。このうち東京都での報告会では当センターの武士部長がB班の調査結果について報告した(写真-14)。またこの報告会では、(公社)砂防学会が緊急調査団による調査結果に基づく提言をとりまとめ、同日に国土交通省砂防部へ提言を行ったことが報告された。

(写真-14)報告会(東京会場)

3.おわりに
 本稿では、(公社)砂防学会による緊急調査団に当センターから参加した職員の関与した主な現地調査の概要等について紹介した。今回の平成30年北海道胆振東部地震による災害によって多くの尊い人命が失われたほか、多くの方が未だに避難生活を強いられている状況である。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災地および被災された方々の一日も早い復興を心より祈念する次第です。

参考文献
1) 内閣府防災情報のページ:平成30年北海道胆振東部地震に係る被害状況等について(平成31年1月28日15:00現在)、http://www.bousai.go.jp/updates/h30jishin_hokkaido/pdf/301030_jishin_hokkaido.pdf
2) 国土交通省 災害・防災情報:平成30年北海道胆振東部地震による被害状況等ついて( 第28報)、http://www.mlit.go.jp/common/001270661.pdf
3) 小山内ら(2019):平成30年北海道胆振東部地震による土砂災害、砂防学会誌Vol.71、No.5、p.54-65

PAGE TOP