砂防ソイルセメントの概要

◆砂防ソイルセメントの概要

 砂防ソイルセメントは、下の概念図に示すようにコンクリート材料と土砂材料の中間的材料であり、目的に応じて適切に配合を設定することにより幅広い適用が可能になる。具体的には、ISM工法やINSEM工法等として開発されてきた。

◆砂防ソイルセメントの開発背景

 一般に、砂防事業は山間部で実施されるため、従来の工法では掘削土処分費等の建設コストが増大するとともに、コンクリート等の建設材料運搬が制限され施工効率が低くなる傾向がある。さらに、掘削残土運搬時の騒音・振動や土捨場構築等は環境問題を生じさせる場合がある。
 一方、砂防事業を推進する河川・渓流の河床砂礫は、良質であることが多く、これらを活用することは、環境面だけでなくコスト縮減面からも有効かつ重要であると考えられている。
このような背景の中、砂防施設の構築に掘削等で生じる現地発生土砂を有効活用できる工法の開発が望まれた。

 

◆砂防ソイルセメントの概念図

◆砂防施設及び付帯施設等における砂防ソイルセメントの適用性

◆砂防ソイルセメントの優位性

 砂防ソイルセメントを活用した工法は、在来工法に対し以下のような有利性がある。

1.コンクリート工法との比較
①搬出土砂の減少
 掘削土砂をはじめとする施工現場周辺の現地発生土砂を建設材料として使用するため、搬出土砂が減少し、運搬費・処分費等の縮減ができる。
②安全性の向上
 市場性・汎用性の高い建設機械を使用した合理化・省人化施工であるため、危険箇所での作業人員の減少及び作業期間が減少し安全性が向上する。
③コスト縮減
 現地発生土砂とセメント・セメントミルク等を施工現場等で攪拌・混合し建設材料を製造するため、材料費の縮減が可能である。この材料費の縮減と前述した搬出土砂の減少に伴う運搬費・処分費の減少や工期短縮等により、建設コストの縮減が期待できる。
④資源循環型社会への寄与
 掘削土砂のリサイクルが行え、新たな建設材料の使用量を低減できるとともに、新たな土捨場の確保が不要になる。また、建設機械の使用量や掘削残土・建設材料の運搬回数を減少できるので騒音・振動・排気ガスの発生を抑制できる。

2.盛土工との比較
①強度増加と安心度の向上
 構造体の大幅な強度増加が見込め、地域住民の安心度が大きくなる。
②断面縮小
 強度増加に伴い断面の縮小が図れる。
③現地発生土砂の使用用途の拡大
 従来、使用困難であった粘性土や有機物を含む現地発生土砂の活用も可能となり、現地発生土砂の用途が拡大する。

◆砂防ソイルセメントの材料特性に関する調査結果

 土木研究所のサイトより、技術資料「砂防ソイルセメントの材料特性に関する調査結果」がダウンロードできます。
 この技術資料は、(国研)土木研究所火山・土石流チームと(一財) 砂防・地すべり技術センターが協力して、数年前から取り組んできた課題のうち、砂防ソイルセメントの優位性、寒冷地における凍結融解に関し冬期間の砂防えん堤内の温度計測、INSEM工法における単位体積重量、粒度分布から砂防ソイルセメントの圧縮強度を推定する目安の設定、大径礫の更なる活用及び打継目 処理に関する検討結果等を要約したものです。是非ご活用下さい。
 技術資料のダウンロードサイトはこちらです(外部サイトへリンクになります)。

PAGE TOP