火山砂防計画調査

火山砂防計画調査

 火山砂防計画は、火山砂防地域における土砂災害から、国土を保全し、人命・財産・公共施設等を守り、あわせて地域の振興に資する火山砂防事業を合理的かつ効果的に推進するため策定されるものです。
 火山砂防計画は、降雨等を起因として発生する土砂災害と、噴火等の火山活動を起因として発生する土砂災害に対する計画に分類されます。

 このうち、噴火対応火山砂防計画は、火山噴火等に起因して発生する火山泥流や溶岩流等に対する対策計画を検討するものです。また、降灰等の影響により、少雨でも土石流が頻発するので、この間の土石流対策は、通常の対策とは区別して検討する必要があります。

基本対策:想定現象に対して計画的に施設対策を整備するものです。

緊急対策:想定外の現象が発生した場合等に緊急的な対策を検討・実施するものです。今後は、火山噴火緊急減災対策砂防として検討を行うこととなります。

噴火対応火山砂防基本計画(ハード対策)の検討

 噴火対応の火山砂防基本計画は、過去の噴火記録等から、今後想定される噴火の規模等を検討し、計画で対象とすべき土砂移動現象の種類等を決定します。次に、対象現象について火山災害予想区域図を作成し、被害想定等を把握した上で、合理的かつ効果的な対策計画を策定する必要があります。

対象現象は、火山学的知見に加え、防災的知見も考慮して設定する必要があります。また、火山災害予想区域図の作成や砂防施設計画の検討では、対象現象を的確に再現できるシミュレーションプログラムが必要なだけでなく、シミュレーション計算に用いる初期条件や各種パラメータを適切に決定する必要があります。
さらに、火山砂防計画立案に当たっては、調査、計画、設計、施工等などの種々の項目について、総合的な評価が必要です。


雲仙普賢岳 水無川の砂防基本計画の例

火山砂防基礎情報システム検討

 火山噴火活動が活発化し、緊急的な砂防施設対策を含む減災対策を速やかに検討するためには、様々なデータが必要となります。そのため、対象火山の噴火履歴、防災マップの対象現象と規模やその背景、現象別の火山災害予想区域図、砂防施設の配置状況等、火山砂防に関わる様々なデータを整理し、迅速に利活用できるように蓄積しておくことが肝要です
 データベース構築にあたっては、対象火山の活動特性や地域の特徴を踏まえ,緊急減災対策砂防計画等で必要となる内容を考慮した上で、組織的な情報共有が可能なシステム構築が求められます。


PAGE TOP