企画部

◆企画部

国際、研修、研究開発助成等に関する企画調整を行うとともに、国内外の砂防に関する情報を収集整理し、社会のニーズを捉え、求められている砂防技術を皆様の現場にいち早くお届けできるよう、努めています。

◯受託・共同研究
 国土交通省をはじめ、内閣府など国のいろいろな機関と調整を進めながら、STC全体に関わる業務を受託、共同研究しています。平成30年度は、「UAV等を用いた砂防堰堤の自動巡回・画像取得技術」(国土交通省、STC)、「災害状況即時把握及び危険度予測のためのリモートセンシング利活用システムおよびデータ一元化・共有システムの開発」(内閣府、総務省、文部科学省、国土交通省、東京大学、鹿児島大学、STC)に着手しました。今後数年をかけて技術開発を進めます。
UAV

◯国際技術協力(詳細はこちら
 海外での砂防技術指導等のための職員派遣、海外からの研修員の受入れ指導、国際協力機構が実施する海外技術協力研修事業の受託、国際会議への参加や各国との技術交流等を通じて、砂防の国際技術協力・国内外への砂防技術の普及に努めて
います。
kokusai

◯研修等事業
 砂防技術者のための講習会の実施、砂防技術講演会の開催、国や都道府県主催の研修や講演会への講師派遣などを通じて、砂防技術の移転、普及を行っています。
kouen

◯広報事業
 機関誌「SABO」の発行、砂防に関する資料の収集および提供(「土砂災害の実態」の発行など)、等、砂防技術の広報活動を進めています。
また、土砂災害対策に関する技術相談(技術相談ページ)や、砂防施設や地すべり防止対策等に関する技術指導(技術指導ページ)等の受付窓口も行っています。
SABO
jittai
◯研究開発助成事業詳細はこちら
 公益事業の一環として研究開発助成事業を行っています。これは、大学・高等専門学校等の研究者による砂防・地すべり・がけ崩れ対策に関する技術開発・調査研究に対し助成を行うものです。短期的、中長期的な視点から砂防関係技術の発展に資する成果をいただいています。

◯建設技術の技術審査・証明事業詳細はこちら
 平成13110日に設立された「建設技術審査証明協議会」(14団体)の一員として、砂防技術に係る審査証明を実施しています。

PAGE TOP