当センターでは、研究開発助成事業ならびに自主研究における成果を報告する場として平成12年度より毎年、「砂防地すべり技術研究成果報告会」を開催しています。砂防・地すべり等に関する最近の課題と解決への方向性、最新の技術的動向について広く情報を提供するとともに、当センターの活動の一端をお知らせすることを目的としています。
 なお、本報告会の発表論文集は当センターにて頒布しております。詳細はこちらです。

平成30年度 砂防地すべり技術研究成果報告会開催
本年も下記のように砂防地すべり技術研究成果報告会を開催いたしました。

■開催日時:
 平成30年11月6日(火) 13:30-17:00

■会場:
 砂防会館別館(シェーンバッハサボー) 1階:淀・信濃
 東京都千代田区平河町2-7-4
 TEL 03-3261-8386

■参加者:
 218名

■参加費:
 無料

■プログラム(予定):
13:30 開会挨拶
13:35 来賓挨拶
13:40 発表1 土砂災害の多様性と地域性を考慮した土砂災害危険雨量の運用に関する検討
執印 康裕(宇都宮大学 農学部森林科学科)
14:10 発表2 北海道「八幡の大崩れ」における風化・侵食・マスムーブメントの相互作用
Thomas PARKNER(筑波大学 生命環境系)
14:40 発表3 鋼製透過型砂防堰堤に作用する土石流荷重の推定に関する研究
香月  智(防衛大学校 建設環境工学科)
15:10 休憩(15分)
15:25 発表4 土石流の発生条件と氾濫・堆積までを考慮した適切な地形解像度の設定
中谷 加奈(京都大学大学院 農学研究科)
15:55 発表5 地震により不安定化したテフラ斜面における降雨による地すべりの発生機構及び災害軽減
王 功輝(京都大学 防災研究所)
16:25 発表6 水害・土砂災害危険箇所と人的被害の関係に関する基礎研究
(平成28年度助成研究)
牛山 素行(静岡大学 防災総合センター)
16:55 閉会挨拶
17:00 終了

■申し込み方法:
 平成30年度成果報告会の申し込みは締め切りました。

■問い合わせ先:
 (一財)砂防・地すべり技術センター 企画部
 TEL:03-5276-3271 FAX:03-5276-3391
 E-mail:kouen@stc.or.jp

過去の報告会(題目一覧)
平成29年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成28年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成27年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成26年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成25年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成24年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成23年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成22年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成21年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成20年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成19年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要
平成18年度 砂防地すべり技術研究成果報告会の概要